プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


神前婚など和装の結婚式の髪型のポイント

神前婚など日本の伝統的なスタイルでの結婚式が見直されてます。藤原紀香さんの生田神社での結婚式の十二単もたいへん話題になりました。白無垢を着る場合はやはり髪型は、文金高島田にします。もちろん自髪で結うことも出来るんですけど、その場合はかなりのロングヘアでなければ、なりません。打掛けや振袖なら自髪でのセット、アレンジもOKです。
ただし、打掛けは衣装自体のボリュームを考えて、髪のセットがこじんまりしてしまうと、バランスが悪くなります。

髪のボリュームは人それぞれです。ボリュームがある人はカットなどで調整し、反対にボリュームがない人は付け髪などでボリュームを出して調整していくといいですよ。ウィッグを着物に合うようにデザインされていると、ショートヘアの方はいいですし、お色直しでの雰囲気を変えるにはいい方法です。

「かつら」あまりいい印象はありませんよね。でも、印象を変えたいときは、とても重宝します。カツラは、ちょっと見ただけでは同じようですが、髷(まげ)の高さや鬢(びん)の張り具合で違ってきます。また、人の骨格でも印象が変わってきます。髪飾りを1つするだけでも、イメージ、雰囲気はかなり変化します。

カツラの素材も様々です。本髪だけとは限りません。今では人工髪で作られているものもあります。現在花嫁用として使われているのは500g〜600g程度の比較的軽い人工毛が多いようです。首や体にかかる負担も少ないので軽いものを選んだほうがいいでしょう。